読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々失敗したバレンタイン

女の失恋

小学生の時3年間連続でとある男子に

バレンタインのチョコレートを贈りましたが、

友達以上になることはありませんでした。



初めて彼にチョコを送ったのは小学校3年生の時。

明治の板チョコをスーパーで購入した私は

何かを作るわけでも無く、ラッピングもせず

手紙も添えず、彼の家の玄関へそっと置いて立ち去ろうとしました。

こっそり私だとバレないように、でもどうしてもチョコは渡したくて、ただの板チョコを玄関の前に静かに置いて立ち去ろうとしたのに、

洗濯物を干そうと出てきた彼の母にあっさり見つかりました。

当然チョコも見つかり、彼にもバレてしまい、次の日学校で声をかけられました。

笑いながら、お前俺の事好きやったーん!?

っと聞かれ、恥ずかしさのあまり

1個ぐらい無いと可哀想だから分けてあげたんよ!

っと言ってしまいました。

彼には嘘だとばれていましたが。



その後4年生の時には

キットカットのファミリータイプの個包装1個をポストに、5年生の時にはチロルチョコ1個を門扉の上に。

5年生のバレンタインのつぎの日

学校でいつもの様に彼に笑いながら聞かれ

ついに、そうですよ!好きですよ!それが何か!?

っと笑いながら告げたのですが、

あっさり、タイプじゃない!

っと言われ終わりました。



人生で失恋したのは彼だけなのですが、

今も友人として遊びに行ったりするので

悲しいと思った事は無く、

むしろこの関係のままで良かったと思っています。

付き合って別れる事があったら

その時今みたいに馬鹿笑いし合う関係に戻れなかったら、今こうやって笑い合う事も無かったかも知れないですからね。



ちなみに毎年彼のお母様が家までホワイトデーを持ってきてくれてました。

彼のお母様から(笑)