読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初告白でフラれてしまった私の思い出

20歳の頃、私は超モテ期でした。1ヶ月の間に3人の男性から告白されたこともあり、男友達も決して少なくはありませんでした。

ところが私にはずっと好きな人がいて、残念ながら素敵な異性からの告白も全部お断りをしました。中にはイケメンでみんなが憧れる会社の先輩もいて、今では凄く勿体ないことをしたなと後悔します。

私の好きな人は同じ会社の先輩で、見た目は中の下、背が低く、決してカッコいいとは言えませんが、とにかく性格が良く、とても優しい気が利く男性でした。

始めは彼のことを気持ち悪い人と思っていましたが、同僚として付き合っていくうちに彼を意識し、そして気がつくと自然と彼のことを好きになっていました。

そして、彼女として付き合って欲しいという気持ちが強くなり、思い切って私は彼に告白することに決めたのです。

私にとって人生初の告白です。当然モテ期にいる私ですから、フラれることなんて100%無いと自信満々の告白でした。

私は彼に話があるからと、夕食に誘い、そして「私を彼女としてお付き合いしてほしい」とストレートに言いました。

しばらく黙っていた彼でしたが、彼が口にした言葉は「ダメだね。今は彼女を作る気ないし」の一言。

予想外の言葉に私は愕然としてしまい、急に悲しく泣きたくなって、そのまま店から走り去り、家に帰って号泣したことを覚えています。

その時は悲しい気持ちでいっぱいでしたが、私をフッた怒りが同時にこみ上げてきて、私はそれから彼との接触を一切絶ち、顔を見るのも嫌なので会社を辞めました。

それからずっと彼と会うことは一度もなく、今どうしているだろうと、たまに彼のことを考えたりします。

私にとって初めての告白は、とても辛い思い出に終わりました。