人生初給料の日

16歳の時当時付き合っていた彼女に少し高価なアクセサリーをプレゼントしたくバイトを始めました。

当時の彼女は20歳で仕事もしていたので、無理はしなくていいと言われていたのですがどうしてもプレゼントしたく

毎日頑張っていました。そして初給料の日。朝から張り切って彼女には内緒でアクセサリーを買いに行きました。

そして夕方彼女の仕事が終わったぐらいに連絡をして会う約束をしました。そして、彼女に迎えに来てもらった時、彼女から大事な話があると言われて急に別れてほしいと言われました。

さすがにそんなタイミングで別れ話をされると思っていなかったので、ビックリしたのと色々な感情が混ざって泣いてしまいました。アクセサリーわら渡すこともできず、未だに引き出しの中に眠ったままです。

広告を非表示にする