読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめて告白したかった

中学一年生の頃に好きになったのは友達が片想いをしている男の子でした。

同じクラスで隣の席だったので、友達の為に接点を作ろうと色々話しかけているうちに惹かれていったのですが、その気持ちが友達の耳に入るのが嫌で誰にも話す事は出来ませんでした。

友達の想いは通じる事なく進級し、クラス替えで友達も男の子も私もバラバラのクラスになりました。友達はその後付き合いが無くなり、男の子とはクラスが隣で帰宅する方向も近かった為に何かと話す機会もあったのですがやはり付き合いが無くなったとはいえ友達の事が気になって本人は勿論、誰にもその男の子が好きだと言えないまま時間が過ぎて行き、何故かある時から避けられているかのように男の子と話す機会が無くなりました。

理由を色々考えてみても話す機会が無いのでわからないまま卒業し、別々の高校に進学。その後、会う事はありませんでした。

当時彼が好きだった事は結局誰にも言わないままでした。でも、今思うとこんな不完全燃焼で消えるのなら友達と拗れてでも当時想いを伝えるべきだった、と後悔しています。