読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋の女の子にふられた話

男の失恋

初恋の女の子にふられた話です。

小学校6年生の時の初恋の女の子ですが、当時は女の子も1番目に好きな男の子、2番目に好きな男の子と言うような順位付けをしていました。

私は本名の女の子に3番目に好きな男の子として位置づけられていたのですがバレンタインの日に本命ではなく義理チョコをもらったのです。

今思えば情けない話ですが、その行為を素直に受け取ることができず、3番目と言うことにプライドが許さなかったせいかその義理チョコを突き返してしまったのです。

もちろん小学校6年生とは言えその女の子は怒りと悲しみでいっぱいになってしまいました。

もちろんその後3番目に好きな男の子どころかランクインすることもなくなり決定的にふられてしまったわけです。