人生で最も「恋」だった恋

人生で初めてきちんと告白し、きちんと振られた思い出です。

恋をしたのは私が中学二年生の時でした。

相手は一つ年下のRくん。お互いが小学生の頃から知っている仲でしたが、当時私は学年のアイドル・Yくんに夢中で、歳下のRくんには全く興味がありませんでした。

中学校入学と同時にバスケ部に入部したRくん。

一年早くバスケ部に籍を置いていた私とは先輩後輩の関係となりました。全校生徒がほとんど幼なじみといえるほど田舎の学校だったため厳しい上下関係もなく、私とRくんを含め同じ部活の仲間同士、なんとなくつるむようになりました。

放課後一緒に帰ったり、部活が休みの日にグループで遊びに行ったり…。

中でも私とRくんは周りから冷やかされるくらい仲良しでした。
校内でもすれ違えばお互いちょっかいを出し合ったり、事前にそれとなく情報交換して同じ委員会に入ったりもし、学年のアイドルYくんに飽き始めていた私は、急速にRくんに惹かれていきました。

しかし、とんだ誤算が。中学生になったRくん、メキメキとイケメンに成長し、学年一のモテ男・プレイボーイへと変貌を遂げていたのです。

彼女が切れる時がなく、別れたと噂が流れれば告白の嵐…。
ついには学年を超えて、年上(といっても一歳違い)にまで手を出す始末。

そんな「来るものは拒まず」精神のRくんでしたが、私はなかなか告白することができませんでした。振られて今の関係が崩れるのが怖かったのです。

彼女がいても、部活が終われば私を含めた仲間達と連れ立って帰路につき、突然私の手を取り「彼女と手を繋ぐ練習!」と言いながら遠回りをして帰る日々。

「海を見に行こう!」と電車で出かける休日。誕生日当日、産まれた時間に電話して「おめでとう」を言う夜。私が気持ちを伝えずに我慢すれば、ずっと続くものだと思っていたのです。

そんな関係が彼女にバレない訳はなく、ほどなくしてRくんは彼女に振られました。このチャンスを私は逃してしまいます。

この期に及んでも私は、Rくんに振られるのが怖かったのです。

私と仲良くしすぎて振られた…と反省したRくんは、新しい彼女ができたのをきっかけに私と距離を置くようになりました。

一時期の親密さから考えれば振られたも同然なダメージでしたが、「いやいや、恋愛関係じゃなく友達なんだから、今まで通り普通にしていればいい」と自分に言い聞かせ、学年が違うことも手伝って何でもないフリをして過ごすことに成功、あっという間に私は中学校を卒業し、Rくんとの接点をなくしてしまったのです。

でも諦めきれませんでした。

高校一年の6月、試験期間で早く帰ったその日、私は母校の中学校へと向かいました。とにかく気持ちを伝えずに終わることだけはしたくなかったのです。

会えたら何て言おう、やっぱりやめようか…と殊更ゆっくり懐かしい通学路を歩き、横断歩道の向こう側に目をやると…Rくんと彼女が並んで歩いているのが見えました。

その光景に決心は鈍り、今ならRくんに気付かれずに立ち去ることができると思う自分と、3ヶ月ぶりにRくんを見て泣きそうなほど嬉しい自分と。

彼女を家に送り届けて一人になったRくんを見た瞬間、固まっていた私の足は勝手にRくんへと向かっていました。

久しぶりと声をかけ、何となくRくんの家の方向へ並んで歩き出しました。近況報告やたわいもないことを話し、もうすぐRくんの家に着いてしまう…という時、意を決して想いをぶつけました。

困ったような、でも薄々勘付いていたような顔をしたRくんは「彼女がいるから…ゴメン」と一言。分かっていました。私はきっと「彼女がいるから振られた」と思いたかったのです。

私自身が否定されたんじゃない、このタイミングで良かったんだと言い聞かせ、「じゃあ今の彼女と別れたら、次の彼女にしてよね!」と精一杯の強がりを言って、お別れしました。

きれいさっぱり振られて、とても清々しい気分だったことを覚えています。

今Rくんがどこで何をしているのか分かりませんが、死ぬ前にもう一度会いたいと思うのは彼です。

大人になった今なら、もう少しうまく気持ちを伝えられると思います。
今まで生きてきた中で、一番好きで一番甘く苦い思いをした恋でした。