勇気を出して告白したけど…。

中学生に入学してすぐのことです。

6月に行われる体育祭の練習中に、別のクラスの男の子が走っている姿を見て一目惚れをしてしまいました。

その走っている姿がキラキラしていて、夢中で目で追いかけている自分がいたのです。でも、クラスも全然違うし、まるで接点がない状態でした。

何もできないまま2年生のクラス替えを迎えました。

張り紙を見ると、なんと同じクラスに彼の名前が!びっくりしたまま教室に入ると、席までものすごい近くだったので、もう心臓がバクバクしてどうしようもなかったのを今でも鮮明に覚えています。

それからというものの、彼とは少しづつ親しくなり始め、普通に会話ができるだけでも本当に嬉しかったです。

その年のバレンタインに、最大の勇気を振絞ってチョコレートを渡し、「好きです。」と告白。

その場で派手に振られるかと思いきや、すんなりとチョコはもらってくれたのです。

でも、その後どうしていいかわからず、私は逃げるようにして走って彼のもとを去りました。

もう恥ずかしくて死にそうだったのです。

結局好きだとも嫌いだとも言われずに、その後も普通に話はしてくれた彼。

好きだと言われていないので、自分の中では失恋として処理しています。

でも、好きじゃないなら派手に振ってくれたほうが気持ち的にもスッキリしたなぁと今でも時々思い出します。